NISSOKEN ARCHITECTS/ENGINEERS

Design and Engineering 設計・監理業務

意匠・構造・設備の各分野が一体となった総合的な設計と、建設段階での確実な品質管理により、信頼性が高く「確かさ」と「豊かさ」を備えた魅力的な建築空間を生み出します。

業務内容

1.基本設計
企画段階での構想に基づき、建物のプランや仕様を具体的に決定し、合わせて建設にかかわる費用の概算を行います。その成果は基本設計図書としてまとめます。
2.実施設計
基本設計に基づき、建物の建設工事発注に向けて、詳細な実施設計図や仕様書を作成します。建設費の算出が必要であればVE・CD検討を加えて建設予算との調整を図ります。その成果は一式の工事発注図書としてまとめます。 また、この段階で建設に必要な建築確認申請等の必要な諸手続きを行います。
3.工事監理
発注された工事に対し、設計図書に基づいて設計意図の伝達や設計品質管理を行ない、確実に指定品質の建物が完成するように工事を監理します。
4.第三者監理
他の設計者により設計された建築についても、設計図書に基づいて主に品質管理の観点から工事監理を行い、設計図書の求める品質を工事の中で確実に達成させます。
5.設計監修
クライアントの立場に立って、他の設計者の設計内容を精査・監修し、専門的見地から助言や支援を行います。
6.工事発注支援
工事の発注に当たり、クライアントの立場に立って、多様な発注方式の中から最適な方法を選択します。発注に必要な図書の整備や進行管理や見積もり内容の精査等を行い、建設工事の最適なパートナー選びを支援します。

Our Approach 設計・監理についての日総建のスタンス

「確かな技術」で建築の品質を高めること
私たちは1963年の創業以来、豊富な情報通信施設の設計経験を通じて培った機能的で信頼性の高い建築を創る「確かな技術」を受け継いでおり、これが専業設計事務所としての弊社の特質と自負しています。この設計・監理技術の蓄積を活かして高品質な建築を創り続けることで、クライアントの事業や生活を「確か」で「豊かな」ものにしたいと考えています。
末永く愛される建築を創ること
建築の「質」は、それに実際に携わる「人」によって決まります。私たちは、プロジェクトごとにその性格を見極め、その特性に見合った最適な設計チーム編成とすることを重視しています。意匠・構造・設備・積算といった各専門分野の担当者の選抜だけでなく、必要により社外の専門家との幅広いネットワークも活かして、クライアントから信頼される適材適所のチーム編成を行って「プロジェクト成果の最大化」を追求します。

page top